2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2008.03.09 (Sun)

2月まとめ

多忙のためしばらくまともに読めてませんでした。
少し遅くなりましたが、2月のまとめです。

評価 書名                   著者

7 「描きかけのラブレター」         ヤマグチノボル
6 「カッティング Case of Mio」       翅田大介
6 「DDD2」                  奈須きのこ
6 「DDD1」                  奈須きのこ
6 「鉄球姫エミリー」             八薙玉造
5 「戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス」 林トモアキ
5 「獅子の玉座」               マサト真希
5 「ダークエルフの口づけⅡ」        川人忠明
5 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」  桜庭一樹
3 「狼と香辛料 Side Colors Ⅶ」    支倉凍砂
3 「きみと歩くひだまりを」         志村一矢
3 「ミステリクロノ」             久住四季
2 「under―異界ノスタルジア」      瀬那和章

以上13冊。

特に自分的に良かったのは、「描きかけのラブレター」、「カッティング Case of Mio」、「DDD2」の3つ。
「描きかけのラブレター」は若い男女の青春を描いた物語としてすばらしいものを感じたし、
「カッティング Case of Mio」は人が持つ負の感情やら内面の葛藤やら
それらの変化が印象に残った気がするし、
「DDD2」は奈須きのこ節(?)がヒットした感じだった。

あと3ヶ月間どっぶりライトノベルばかり読んでみて感じたことなのだけれど、
どうも自分はライトノベルといわれる分野の本が合わない気がする。
楽しめる本が全くないっていうわけじゃないけど、そういう本は少ない気がするし、
何より共感できるものがあまりない。
まぁ本を読むっていうのはそういうもので、
多くの中から少数の自分にとっての宝物を探す作業といったものであるのかもしれない。
これからは読むジャンルを普通の小説の方に移行してみようかと思う。
スポンサーサイト
 |  月間まとめ  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.01.31 (Thu)

2008年1月まとめ

評価 書名                   著者

8 空の境界 下                奈須きのこ
7 空とタマ                   鈴木大輔
7 紅~ギロチン~              片山憲太郎
7 12月のベロニカ              貴子潤一郎
7 ドラグネット・ミラージュ2 10万ドルの恋人 賀東招ニ
6 眠り姫                    貴子潤一郎
6 遠く6マイルの彼女            ヤマグチノボル
6 カッティング Case of Tomoe      翅田大介
6 電波的な彼女 ~幸福ゲーム~    片山憲太郎
6 ネクラ少女は黒魔法で恋をする     熊谷雅人
6 電波的な彼女               片山憲太郎
5 電波的な彼女 ~愚か者の選択~   片山憲太郎
5 All You Need Is Kill           桜坂洋
5 狼と香辛料Ⅵ               支倉凍砂
4 神様メモ帳                 杉井光
4 ヒトカケラ                  星家なこ
3 リヴァースキス               佐野しなの
2 ドアーズⅠ まぜこぜ修繕屋       神坂一

今月は合計18冊読んだ。
いままで生きてきてひと月あたりこんなに多くの本を読んだことはなかったと思うのだけれど、
いざリストにまとめると不思議とこれだけしか読んでいないのかという印象を持つ。

今月の印象としては、まず「空の境界 下」は自分にとってはとてつもなくすばらしかった。

倉庫での押し問答で、オレ視点から描かれる描写が非常に面白かった「空とタマ」。

おそらくは推敲に推敲を重ね、磨き抜かれた印象を持った「12月のベロニカ」。

それほど重みがないのに、なぜだかわからないけれど面白かった「ドラグネット・ミラージュ2」。

繊細な部分もあるけれど、荒々しくガムシャラで、だけれども伝えたいメッセージは
はっきりとしていて、これからの将来性を感じさせられた「カッティング Case of Tomoe」。

簡潔で読みやすい文体と独自の世界観で描かれる「電波的な彼女」「紅」。
ストーリー的に微妙だと感じる部分もあるけれど、僕はなんだかんだ言って、
結局この片山憲太郎という人の作品が好きなんだと思う。
 |  月間まとめ  |  TB(0)  |  CM(2)

2007.12.31 (Mon)

2007年12月まとめ

評価基準
感動度順

評価 書名 著者

 8 空の境界 中              奈須きのこ
 8 空の境界 上              奈須きのこ
 7 地を駆ける虹Ⅱ             七位連一
 7 紅                     片山憲太郎
 7 声で魅せてよベイビー         木本雅彦
 6 地を駈ける虹              七位連一
 6 ドラグネット・ミラージュ        賀東招ニ
 5 リグザリオ洗礼              雨木シュウスケ
 5 アリソン                  時雨沢恵一
 5 さよならピアノソナタ           杉井光
 4 ダークエルフの口づけ         川人忠明
 4 嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 入間人間
 3 人類は衰退しました           田中ロミオ

読んだ本13冊。
だいたい2日に一冊のペースで読み進めた。
奈須きのこのノベルのすごさは自分の中では異常。
彼の作品に出会えて良かった。

今月のベスト5
1 空の境界 中
2 空の境界 上
3 地を駆ける虹Ⅱ
4 
5 声で魅せてよベイビー

 |  月間まとめ  |  TB(0)  |  CM(0)
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。