2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2007.12.19 (Wed)

「さよならピアノソナタ」 杉井光 評価 5

さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)


あらすじ

機械いじりが好きな僕は春のある日郊外のゴミ置き場で
廃品のピアノを演奏する少女に出会う。
それからしばらく後偶然にも彼女は僕が通う高校に転校してくる。
彼女は僕に「6月には消えるから」と言う。
僕と僕の幼馴染の女の子と学校の先輩の女子を巻き込みながら彼は彼女に接近してゆく。
しかし彼女には秘密があるのだった。


良かったと思うところ

・ストーリーが良くできてると思う

悪かったと思うところ

・文体や比喩が若干幼くわかりづらい部分があるように感じた
 (もちろん自分はそんな文章は書けないけれど)

・主人公がヒロインを好きになる過程の描写が足りない
 なぜ恋に落ちたのかがよくわからない
 不自然にお互いのことを好きなった印象を受ける
スポンサーサイト
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。