2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2007.12.29 (Sat)

「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」 入間人間 評価 4

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸 (電撃文庫 い 9-1)


あらすじ

みーくんとまーちゃんは幼馴染。
一緒に幼児期に誘拐され監禁された過去がある。
二人が高校生になったとある日、彼らは再会した。
ところがまーちゃんの部屋に行くことになったみーくんは
2人子供が監禁されているのを発見する。


感想

文章がわかりづらかった。
なので後半はストーリーが良く理解できなかった。


あいつが感じている幸せの背景は不幸色。
けれどどんなに周囲が不幸でも、ピントを幸せだけに合わせれば幸福。
どれだけ幸福に満たされているように見えても、それを彩る背景は不幸一色。



ウチの病院には鏡の中で自分と一日中お話する人や、
予知能力を持ってるって吹聴する妄想症の人もいるけどさ、
アタシと比べてどっちが幸福なんて分かりはしないよ。
アタシは具体性のある幸せなんて知らないけど、
あの人達は知っているかもし、体感しているのかも知れない。


一度大きな傷を負った人間は一生その傷を引きずっていくと思う。
治癒なんて幻想じゃないか、どうその傷と共存してゆくかじゃないのかと思う。
それが周囲の人達から見て、どれだけ奇異で異色なものであっても、
当の本人からすればそのような振る舞いはごく自然で、
本人にとっては幸せであるのかもしれない。
スポンサーサイト
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。