2008年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2008.01.31 (Thu)

2008年1月まとめ

評価 書名                   著者

8 空の境界 下                奈須きのこ
7 空とタマ                   鈴木大輔
7 紅~ギロチン~              片山憲太郎
7 12月のベロニカ              貴子潤一郎
7 ドラグネット・ミラージュ2 10万ドルの恋人 賀東招ニ
6 眠り姫                    貴子潤一郎
6 遠く6マイルの彼女            ヤマグチノボル
6 カッティング Case of Tomoe      翅田大介
6 電波的な彼女 ~幸福ゲーム~    片山憲太郎
6 ネクラ少女は黒魔法で恋をする     熊谷雅人
6 電波的な彼女               片山憲太郎
5 電波的な彼女 ~愚か者の選択~   片山憲太郎
5 All You Need Is Kill           桜坂洋
5 狼と香辛料Ⅵ               支倉凍砂
4 神様メモ帳                 杉井光
4 ヒトカケラ                  星家なこ
3 リヴァースキス               佐野しなの
2 ドアーズⅠ まぜこぜ修繕屋       神坂一

今月は合計18冊読んだ。
いままで生きてきてひと月あたりこんなに多くの本を読んだことはなかったと思うのだけれど、
いざリストにまとめると不思議とこれだけしか読んでいないのかという印象を持つ。

今月の印象としては、まず「空の境界 下」は自分にとってはとてつもなくすばらしかった。

倉庫での押し問答で、オレ視点から描かれる描写が非常に面白かった「空とタマ」。

おそらくは推敲に推敲を重ね、磨き抜かれた印象を持った「12月のベロニカ」。

それほど重みがないのに、なぜだかわからないけれど面白かった「ドラグネット・ミラージュ2」。

繊細な部分もあるけれど、荒々しくガムシャラで、だけれども伝えたいメッセージは
はっきりとしていて、これからの将来性を感じさせられた「カッティング Case of Tomoe」。

簡潔で読みやすい文体と独自の世界観で描かれる「電波的な彼女」「紅」。
ストーリー的に微妙だと感じる部分もあるけれど、僕はなんだかんだ言って、
結局この片山憲太郎という人の作品が好きなんだと思う。
スポンサーサイト
 |  月間まとめ  |  TB(0)  |  CM(2)

2008.01.31 (Thu)

「電波的な彼女 ~幸福ゲーム~」 片山憲太郎 評価 6

電波的な彼女 ~幸福ゲーム~ (スーパーダッシュ文庫)


・あらすじ

無差別イジメに巻き込まれたジュウ。次第にエスカレートしていく嫌がらせに苛立ち募るなか、
雨の妹・光も被害に遭っていると知り、ジュウはついに犯人捜しを始める。
雨たちの協力を得ながら突き止めたのは、ある奇妙な集団。
その集団を統べる不可解な行動理念に翻弄され、ジュウは絶対絶命の危機に陥る。

・感想

ジュウは無気力だけど、心の底には正義感を秘めているような高校生。
描かれる世界観も無気力さがにじみ出ているような描写を感じさせられる。
これは片山節といってもいいくらいの独自さがあると思う。
2作目の「愚か者の選択」より面白かった。
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.01.31 (Thu)

「遠く6マイルの彼女」 ヤマグチノボル 評価 6

遠く6マイルの彼女 (富士見ミステリー文庫)


・あらすじ

北米仕様のホンダのスピードメーターが時速百マイルを指す。
早送りのビデオみたいに見慣れた景色が後方へとすっ飛んでいく。
俺はマシンを加速させていく。お前は劣等感を知っているか。
ほんとの劣等感を知っているか。―俺は知っている。
6年前、交通事故で亡くした優秀だった兄・究への劣等感を抱きながら
高校生活を送る魚住研。バイクで国道を飛ばす瞬間だけ、それを忘れられる…
生死ギリギリの走りを繰り返す研。
しかし、兄の死という呪縛からは逃れられない。
そんな彼の元に、兄の元彼女である森崎京子が教師として現れる。
大人に見えて不器用な面もある京子に惹かれていく研だったが、
彼女もまた、究の死に囚われていることに気付いてしまう。
究を失った6年前から、止まったままの自分と京子の時間。
二人の間に存在する、究という越えられない壁。

・感想

あとがきで著者曰く、先の展開を全く考えず書いていた、テーマは劣等感、
ということ感じさせる作品。
研が兄に対しての劣等感や京子に対して恋心を抱きながらも、
すこしづつ変化してゆく描写が良かった。
「人はみな大人じゃない…そのフリをしているだけ」
その言葉が印象に残った。
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。