2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2008.03.22 (Sat)

しばらく更新停止します

ネットの接続環境がなくなるので、しばらく更新停止します。
更新しない間はメモはとっておくので、一気に記事を書く予定です。
スポンサーサイト
 |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.03.20 (Thu)

「人間失格」 太宰治 評価 5

人間失格 (集英社文庫)


ネットで最近の若者はこの作品に共感する人が多いという記事が
あったので気になったので買ってみた。
自分の本心を晒すことなく、ひたすら道化を演じ続けた少年期。
女、酒、薬物に依存した青年期。
意志薄弱。
なるほど共感できる部分もあると思う。
ある人間の生き様を描いた物語。
読んでおいてもいいと思う。
 |  ノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.03.19 (Wed)

「フルメタル・パニック せまるニック・オブ・タイム」 賀東招二 評価 8

せまるニック・オブ・タイム (富士見ファンタジア文庫 92-20 フルメタル・パニック)


2回泣いた。
シリーズものの長編で、アニメ化もされているので、簡単にストーリーに感情移入できるのも
あるかもしれないけれど、今回は本当にすばらしかった。
舞台設定も無理がないように感じるし、文章も読みやすく洗練された感じすら覚える。
あと1巻か2巻で完結っぽいので、どういう展開になるのか非常に楽しみ。


 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.03.14 (Fri)

「修道女エミリー」 八薙玉造 評価 6

修道女エミリー―鉄球姫エミリー第二幕 (集英社スーパーダッシュ文庫 や 2-2)


著者の妄想パワー炸裂。
相変わらず卑猥な言動のエミリー。
そんな常軌を逸脱する展開でもキャラクターの心理描写はしっかりしているし、
アクションシーンの描写わかりやすくもたいしたもの。
この著者は文章力があるんだと思う。
あとがきも面白かった。
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.03.12 (Wed)

「生徒会の一存」 葵せきな 評価 4

生徒会の一存 (富士見ファンタジア文庫 166-7 碧陽学園生徒会議事録 1)


特にストーリーにオチがあるわけでもないし、何かのメッセージを伝えようとするわけでもない。
なんでもないような他愛ない日常を描いている。
アニメでいうと「らき☆すた」みたいな感じ。
こういうスタイルの作品が世に出回るというのは大変良いことだと思う。
内容は自分には合いませんでした。
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.03.11 (Tue)

「MAMA」 紅玉いづき 評価 6

MAMA (電撃文庫 こ 10-2)


互いに劣等感を抱えたトトとホーイチの織り成す物語は読み入るものがあった。
続編のダミアンとミレイニアの話も似たような雰囲気があって良かった。
こちらの話については文章により味があるように感じた。
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

2008.03.09 (Sun)

2月まとめ

多忙のためしばらくまともに読めてませんでした。
少し遅くなりましたが、2月のまとめです。

評価 書名                   著者

7 「描きかけのラブレター」         ヤマグチノボル
6 「カッティング Case of Mio」       翅田大介
6 「DDD2」                  奈須きのこ
6 「DDD1」                  奈須きのこ
6 「鉄球姫エミリー」             八薙玉造
5 「戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス」 林トモアキ
5 「獅子の玉座」               マサト真希
5 「ダークエルフの口づけⅡ」        川人忠明
5 「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」  桜庭一樹
3 「狼と香辛料 Side Colors Ⅶ」    支倉凍砂
3 「きみと歩くひだまりを」         志村一矢
3 「ミステリクロノ」             久住四季
2 「under―異界ノスタルジア」      瀬那和章

以上13冊。

特に自分的に良かったのは、「描きかけのラブレター」、「カッティング Case of Mio」、「DDD2」の3つ。
「描きかけのラブレター」は若い男女の青春を描いた物語としてすばらしいものを感じたし、
「カッティング Case of Mio」は人が持つ負の感情やら内面の葛藤やら
それらの変化が印象に残った気がするし、
「DDD2」は奈須きのこ節(?)がヒットした感じだった。

あと3ヶ月間どっぶりライトノベルばかり読んでみて感じたことなのだけれど、
どうも自分はライトノベルといわれる分野の本が合わない気がする。
楽しめる本が全くないっていうわけじゃないけど、そういう本は少ない気がするし、
何より共感できるものがあまりない。
まぁ本を読むっていうのはそういうもので、
多くの中から少数の自分にとっての宝物を探す作業といったものであるのかもしれない。
これからは読むジャンルを普通の小説の方に移行してみようかと思う。
 |  月間まとめ  |  TB(0)  |  CM(0)
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。