2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2008.01.17 (Thu)

「12月のベロニカ」 貴子潤一郎 評価 7

12月のベロニカ (富士見ファンタジア文庫)


・あらすじ

幼なじみの少女と交わした小さな約束。それを果たすために私は生きてきた。
『ベロニカ』―女神ファウゼルに仕える巫女の事だ―になるため、
彼女は14歳の時に都会に連れて行かれてしまった。
私は“ベロニカの騎士”となるべく、彼女を追いかけて村を飛び出した。
だが、次代の神の代理人として重要人物となってしまった彼女に、
ただの田舎者でしかない私は会うことすら許されなかった。
その時から私の旅は始まった。
10年の間に、兵士からたたき上げ騎士になり、
ついに“ベロニカの騎士”となる13人の候補に選ばれたのだ。
だが約束が果たされそうになったその時、事件は起きた。
まるで何者かが私の運命を弄んでいるかのように…。

・感想

第14回ファンタジア長編小説大賞の大賞作品だけあって、
ファンタジーとして非常に良くできている作品だと思う。
緻密に組まれたストーリで、最初の数ページで物語に入って行くことができた。

「眠り姫」 貴子潤一郎
スポンサーサイト
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。