2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2008.02.07 (Thu)

「鉄球姫エミリー」 八薙玉造 評価 6

鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫)

・あらすじ

王女ながらも、通常の鎧の三倍の装甲を誇り、
輝鉄と呼ばれる鉱石により爆発的に身体能力を向上させる鎧、
大甲冑を纏い、鉄球を振り回す少女エミリー。
弟王との玉座を巡る争いを避けるために、
辺境に身を置くエミリーだが、陰謀の手が迫る。

・感想

とにかく登場人物がたくさん死ぬ。
これでもかというくらい、あっけなく戦いが終わって次々と重要人物が死んでゆく。
ある意味、これ作り話なのかいうくらいのリアリティがあるように思う。
エミリーと敵対する側の人間に関しても心理描写が克明で、
全体的に丁寧な作りの小説だと思った。
スポンサーサイト
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。