2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告

2008.02.10 (Sun)

「きみと歩くひだまりを」 志村一矢 評価 3

きみと歩くひだまりを (電撃文庫 し 7-16)


・あらすじ

人類の天敵”妖獣”が出現して約一世紀。
地上の六割は妖獣の闊歩する死の大地”妖獣地帯”と化していた。
妖獣と戦う”獣殺士”を育成する光風学園に通う杉崎星也は、
幼なじみの神代ひなたと共に妖獣地帯で危機に陥っていたところを
一人の美少女に救われる。
少女の名は安藤美月。光風学園一の魔法使いである美月はしかし、
”死神””相棒殺し”と呼ばれ、周囲から恐れられていた…
ひなたと美月。ふたりの少女との別れと出会いが、少年の運命を大きく変えていく。

・感想

ストーリーがありきたりな設定のため、
先の展開がどうなるかとワクワクしながら読み進めることができなかった。
無理やりな展開が残念。
もうすこしストーリー展開に必然的な理由付けを与えるべきだと思う。
主人公の哲学も自分には魅力的ではなく、感情移入できなかった。
スポンサーサイト
 |  ライトノベル  |  TB(0)  |  CM(0)

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。